外国人技能実習生の受け入れはIBS事業協同組合。外国人技能実習生が企業の発展を支えます
お気軽にお問い合わせください 0120-999-999
IBS事業協同組合

当組合のご紹介

IBS事業協同組合では外国人技能実習生の受入をサポート

外国人技能実習生の受け入れとは、法的な手続きに基づき在留資格認定を受けた外国人のみを技能実習生として日本企業で先進技術・技能・知識を学び、帰国後に母国の経済発展に役立ててもらう「国際協力・国際支援」を目的とした「公的支援」です。

また、日本企業(組合員)に取りましても安心して受け入れて頂け、大変メリットのある制度でございます。
法的な手続き等、面倒な事務処理等は当組合事務局にて代行致しますので、ご心配なくご相談いただけます。

IBS事業協同組合を通して技能実習生受入を行うメリット

IBS事業協同組合事務局の専門スタッフが全面的に代行します

JITCO・入国管理局に対して受入・在留に関する申請書類作成や申請手続きが必要となります。
組合事務局にて申請書類作成から、貴社にて作成が必要な場合の資料作成の支援を致しますのでご安心いただけます。

JITCO・入国管理局指導による正法な受入れができます

JITCO(財団法人国際研修協力機構)、入国管理局の指導に基づき、合法で健全な技能実習生の受入れを実施いたしておりますのでご安心いただけます。

技能実習生達が互いに技術レベルの向上を目指し企業に貢献

外国人技能実習生は技術向上を目的として実習に取り組むため、更なる技術力習得への真面目さ・真剣さがあります。
その為、日本企業に取りましても生産性の向上が期待できます。 また、新たなる技能実習生に対し、業務習得後の技能実習生が業務指導を積極的に行うため、社員の業務負担も低減されます。

職場環境の活性化

外国人技能実習生の技能実習への積極的な取り組みの姿勢は社員・パートタイムの仕事に対する意識を改革させ、良い職場環境を育む相乗効果が期待できます。